理想があるならライフプランを整理しよう

理想があるならライフプランを整理しよう

いつまでに結婚して、2人くらい子どもを産んで、いつかはマイホームも建てたいななんて、理想のプランはありませんか。

誰だって、何となくこうしたいなという人生設計を描いているのではないでしょうか。

もし明確なプランが決まっているなら、今から目標に向けて準備しておく必要があります。何も考えずに過ごしていたら、婚期を逃した、貯金が足りなくて子どもが作れない、といった事態になりかねません。

今こうしたい!というときにすぐ実行できるように、自身のライフプランを整理しておきましょう。

ここでは、ライフプランに合わせた働き方の変化について紹介してきます。

新社会人になったら

20代は売り手市場なので、比較的どこの会社でも雇ってもらいやすい時期です。採用側の期待値も高く、好条件のお仕事も見つけられるでしょう。

この時期に立てるプランとしては、
・経験を積む
・結婚後や出産後に働きやすい会社を選ぶ
の2つが大切です。

20代のうちに経験やスキルを磨いておけば、一度現場から離れても再開しやすいのです。また結婚を控えている女性なら、産休や育休が取れる会社や短時間労働を取り入れている企業を選ぶのが最適。

できるだけ同じ会社に居た方がキャリアを積めるので、待遇が良く多様な雇用形態で働ける方が続けられるのです。

アラサーは仕事と家庭の両立が可能な環境にする

20代後半~30代にかけて、結婚する女性が増えてくるかと思います。

もし結婚するとなれば、毎日残業するような職場は適していません。特に新婚の時期に、顔を合わせる時間が少ないと夫婦喧嘩の原因に。もしどうしても仕事が残るようであれば、自宅に持ち帰れる仕事をするなど工夫しましょう。

また結婚相手が「家庭に入って欲しい」という価値観なら、後々揉める可能性大です。お互いの価値を理解しあえる相手が望ましいと言えますね。

出産するときの暮らし方

出産する時は、赤ちゃんのためにもできるだけ身体に負担をかけないのが大切。ギリギリまで働くわ!と意気込まずに、潔く自身の身体を労わってあげてください。可能なら産休を取り、出産手当も受給できるか確認しておくと良いですよ。

ただし職場の現状が分からなくなりがちなので、上司や同僚とはこまめに連絡を取っておくと安心です。

保育園の利用が始まったら職場に復帰する

子どもの入園が決まり身体の調子も良ければ、職場への復帰を考える時期です。子どもがいると、養育費や学費など何かとお金がかかるもの。少しでも貯蓄するためにも、早めに復帰したいのではないでしょうか。

もしフルタイムで働くなら、延長保育が可能な保育園を探すと心強いです。「2~3歳までは早めに迎えてあげたい」と思うなら、パートタイムでの就業を考えるという選択もあります。

マイホーム購入に向けて

職場復帰が無事に果たせて、子どもが小学校に入れば、少し生活も落ち着いてくるかと思います。子どもを学童に入れるもしくは、習い事をさせるなどすれば、フルタイムで働きやすくなるのではないでしょうか。

自身の専門性を高めるためにも、お給料アップを目指すためにも、仕事に身を入れて良い時期と言えます。また収入が増えれば、夫と相談してマイホーム購入を考えても良いはず。

自分自身の理想の実現のために、ライフプランに合わせたキャリア形成を図りましょう。

<まとめ>
今回紹介したのは、仕事と家庭に身を入れたいタイプの女性の場合です。理想のライフプランは人によって違うので、自分に合った方法を見つけるのが大事。いつまでにこうなっていたい、そのためにいくらの貯金が必要、準備しておくことは何かなどを前もって考えておけばきっと実現できますよ。