知っておくと役立つ!補助金や手当について

知っておくと役立つ!補助金や手当について

出産や育児といったライフイベントを迎えると、入院や検診などに何かとお金がかかってしまうのではないでしょうか。

しかし働くことも難しい時期なので、収入は減る一方。もしパートで働いたとしても、収入不足の悩みを解消できるとは限りません。

そんな状況に役立つのが、補助金や手当です。
ここでは、出産・育児・転職時に支給される補助金や手当について紹介していきます。

出産にかかるお金はコレで解決!

妊娠や出産にかかる費用はm個人差があれど平均50万円かかると言われています。

通常の妊娠の場合、健康保険は適用されません。つまり医療を受ける際は自己負担。風邪やケガで病院を受診するときに比べると、かなり高額な費用を請求されるんです。

しかし、以下の2つを利用すれば費用を抑えられます。
・妊婦検診費用補助金
・出産育児一時金

妊婦検診費用補助金は、出産までに受ける検診で利用できます。1回3,000~10,000円の費用を要するが、その一部を公費で負担できるんです。地域によって補助される回数は頃なる場合も。

詳しくはお住まいの役所にて、お問い合わせください。

また出産育児一時金は、妊娠4ヵ月以上で出産する子ども1人につき42万円が支給されます。ただし、健康保険加入者または配偶者の健康保険の扶養に入っている者を対象としています。

出産育児一時金は病院への申請が必要。支給額も高いので、申請をしっかりと行いたいものです。

育児にかかる費用はどうする?

子どもが小学校に上がれば、教育費がかかります。また成長するにつれて、新しい服を買ったり習い事を始めたりと出費はどんどん増えてしまいますよね。

そんなときに役立つのは、
・児童手当
・育児休業給付金
です。

<児童手当>
3歳未満は月1万5,000円、3歳~中学卒業まで月1万円が支給される。第3子以降は小学校卒業まで1万5,000円。ただし夫婦どちらかの年収が約960万円以上なら、月の一律は5,000円とする。

<育児休業給付金>
産後57日目~1歳まで、180日は給与の67%、それ以降は50%が給付される。

出産から子育ては、出費の連続です。補助金や手当について知っておくと、かなり心強いと感じるはず。申請や受給のし忘れのないように、自身が補助の対象にならないか調べるのが大切です。

仕事を辞めるなら

出産や子育てをするとなると、今まで通りには働けないもの。妊娠している女性なら、休職や退職を考えてもおかしくありません。

休職して復帰できる会社ならいいのですが、そうではない場合も。

もし退職を選ぶことになるなら、失業給付に知っておきましょう。失業給付は、自己都合で退職したさいに支給される手当です。求職者にのみ受給資格があるので、お仕事を再開しようという方は申請してみてください。

また、教育訓練給付金というのもあります。新しいスキルを磨きたい!資格を取りたい!という時に、教育訓練給付金が役立ちます。

詳しくは、ハローワークで話を聞くのが可能。出産や育児が落ち着いた頃、新しい技術を身に着けたいと考えるならハローワークで一度相談してみましょう。教育訓練給付金や失業給付の案内があるはずです。